2013-02-02

20年日記

20 年日記を娘から贈られ、途中で空白になるのではないかと少しはためらったが、娘に背中を押されて始めることに決めた。書き終えるのは、2023年12月である。これまでの83年は、波乱に富んだ人生だった。小学生が増えたも、高等科になると、勉強どころではなかった、軍隊の靴音が近くに聞こえるようになると、毎日モッコを担いで軍の飛行場建設に狩り出された。軍国少年として育てられ、進軍ラッパに踊らされ、敗戦の悔しさに涙しながら、死の恐怖から開放された安堵感、戦争を經驗した人でなければ語れない話もある。自分史に書ききれない部分も10年日記には一行づつでも書き加えていけば、22年までには平和の尊さも語り継ぐこともできるのではないか。背中を押してくれた娘にも語りきれなかったことも書き残すこともできると思う。 一日一歩を踏みしめながら3650歩を目標に歩き始めた。今日は二月一日書き始めて31日が過ぎ。

2012-10-06

第42回那覇大綱挽まつり。

今日、10月7日スタートした那覇祭り、14時から始まった民族パレードには、記録的な観衆を集めた、私は戦後60余年国際通りで暮らしてきたが、これ程多くの観客が国際通りを埋め尽くしたのは初めてである、幅員18メートルの国際通りは人で溢れた、多くの観客を集めたのには、大きなな企画があった、一つは、子供達に夢を与えてきたミッキーマウスとディズニーの仲間たちが参加したことである。車上からではあったがミツキーを追いかけ観衆が移動した。

もう一つは、ミスインターナショナル世界大会in沖縄の美女達のパレードでした。
世界の美女達の国際通りでのパレードは通りの歴史に美しい一ページを飾ってくれたものと思う。観客の多くが携帯でシャッターを押し続けていた。国際通りは年間5回のお祭りがあるが、仕掛けによっては、多くの観客を集める事が出来ると実感した。明日は那覇大綱挽があります、重さ40トン余り、ギネス認定世界一の大綱を一度は引いてみませんか、きっと良いことがあると思いますよ。

2012-09-08

ちゃんぷるーシアター


ちゃんぷるーシアター玉川大学芸術学部の演劇を見て。

今年で12回を数える、沖縄公演、今年も国際通りにある文化てんぶす館は親子連れで、大入りでした。
学生達の日頃の稽古が、演技の上で見事に花を咲かせていました。何回見ても若者達の演劇に向かう情熱に感動します。

大学を卒業しても、芸術学部で連日の稽古に耐え演劇に燃やした情熱はこれからのあなた達の力になってくれるものと思います。

あなた達の演技を見ていた子供達の目もあなた達以上に燃えていました。
又来年も素晴らしい演技を見せて下さい。